株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

アクロコルドン(スキンタッグ,軟性線維腫)

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-06-20
平田 悠 (北海道大学大学院医学研究院皮膚科学教室)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    アクロコルドンはスキンタッグ,軟性線維腫などとも呼ばれる皮膚疾患である。女性,肥満者に好発し,一種の加齢性変化と考えられる。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    主に中年以降の頸部や腋窩,鼠径などの間擦部に多発し,数mm大までの有茎性の柔らかい常色から淡褐色の腫瘤。体幹に単発するやや大きなものを軟性線維腫と呼んでいる。

    自覚症状は認められないが,多くの場合は整容面で問題となる1)

    【検査所見】

    病理学的には膠原線維の増生が主体であり,細胞成分の乏しい,表皮・真皮のみで構成される。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top