株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

丹毒

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
小宮根真弓 (自治医科大学臨床医学部門皮膚科学教室准教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    主に連鎖球菌による真皮を中心とした皮膚感染症である。数日の潜伏期間の後に突然の高熱とともに皮疹を生じる。

    侵入門戸は不明の場合が多いが,微小な外傷や掻破痕から侵入すると考えられる。虫刺症,足白癬,下腿潰瘍が侵入門戸となる場合もある。

    原因菌はA群β溶連菌が多いが,黄色ブドウ球菌や肺炎球菌でも同様の病変を生じうる。

    糖尿病など免疫力低下状態の患者では重症化しやすい。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    悪寒戦慄を伴う38~40℃の高熱とともに,局所熱感,圧痛を伴う比較的境界明瞭な浸潤を伴う浮腫性紅斑を生じる(図1・2)。所属リンパ節腫脹やリンパ管炎を伴うこともある。顔面に好発するが,下肢や陰股部にもしばしば認める。

    14_45_丹毒

    14_45_丹毒

    【検査所見】

    CRP上昇,白血球数増多と左方移動,抗ストレプトリジンO(ASO),抗ストレプトキナーゼ(ASK)の上昇を認める。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top