株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

マイコプラズマ肺炎

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-09-22
成田光生 (札幌徳洲会病院小児科小児感染症部長)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    マイコプラズマは細胞壁を持たないものの,生物学的には完全な細菌である。

    至近距離における激しい咳により,飛沫中のマイコプラズマが下気道の繊毛上皮まで直接到達することで感染が成立する(飛沫感染に対する標準的予防策が有効)。

    感染細胞内に活性酸素を過剰に蓄積させ呼吸器粘膜を軽く損傷することのほかには直接的な細胞傷害性を持たず,マイコプラズマ肺炎の発症機構は宿主の免疫応答を介した「免疫発症」である。

    基本的には3週間程度で自然治癒する疾患であり,マクロライド耐性菌感染においても2日間程度の発熱の遷延はあるものの,それ以上の重症化傾向はみられていない。

    推測される現在の流行状況をに示したが,肺炎の発症機構や薬剤耐性機構の詳細については文献1)2)を参照して頂きたい。

    12_06_マイコプラズマ肺炎

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    発熱,咳,咽頭痛などの感冒様症状を呈するが,マイコプラズマは大量の細胞を破壊せず,分泌を亢進させないことから,基本的には鼻水や痰の少ない乾いた咳が特徴である。

    大量の鼻水や著しい咽頭発赤を認めた場合には,他の病原体による混合感染を考慮する。

    【検査所見】

    胸部X線単純写真にて他の肺炎と鑑別することは困難である。

    マイコプラズマは繰り返しヒトに感染するため,健常人の中にも既感染による抗体保有者が存在しており,単一血清の抗体価による判断には限界がある。このためマイコプラズマ感染確定診断のためには,少なくとも4日以上の間隔を空けたペア血清を得て,抗体価の変動を観察する必要がある。

    下気道の繊毛上皮が増殖の場であるマイコプラズマは上気道には必ずしも大量の菌体は存在せず,咳が弱い場合には下気道から菌が運ばれてこない。このため,急性期における診断法として推奨されている遺伝子あるいは抗原診断()を行うにあたっては,下気道に近い側をしっかり擦り取ることが重要である。

    12_06_マイコプラズマ肺炎

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top