株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

高LDLコレステロール血症

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-21
木下 誠 (帝京大学医学部内科学講座内科教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    高LDLコレステロール(LDL-C)血症は,動脈硬化症の重要な危険因子である。

    LDL-C値を適切に管理し,将来の心筋梗塞などの発症を予防することが治療の目的となる。

    また,既に動脈硬化症を発症している場合には,より厳格なLDL-Cの管理が必要となる。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    LDL受容体関連蛋白の異常により発症する家族性高コレステロール血症(familial hypercholesterolemia:FH)では,アキレス腱の肥厚に代表される腱黄色腫や結節性黄色腫が認められることがある。

    【検査所見】

    血清LDL-C値が高値を示す。LDL-Cは空腹時に採血された血清よりFriedewaldの式(総コレステロール─HDL─トリグリセライド/5)を用いて計算することが望ましい。

    空腹時採血が難しい場合などでは,直接測定法でLDL-Cを測定することも可能である。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top