株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

ADH不適切分泌症候群(SIADH)

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-06-16
萩原大輔 (名古屋大学医学部附属病院糖尿病・内分泌内科)
有馬 寛 (名古屋大学大学院医学系研究科糖尿病・内分泌内科学教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    抗利尿ホルモン(antidiuretic hormone:ADH)不適切分泌症候群(syndrome of inappropriate secretion of ADH:SIADH)は,低浸透圧,低ナトリウム血症にもかかわらずバソプレシン(vasopressin:AVP)の分泌が抑制されないため,水利尿不全による稀釈性低ナトリウム血症を呈する疾患である。

    原因としては,中枢神経系疾患,肺疾患,異所性AVP産生腫瘍,薬剤がある。

    正確な疫学は不明であるが,低ナトリウム血症は全入院患者の2~3%で認められることから,SIADHの患者数は決して少なくないものと予想される。

    ■代表的症状・検査所見(表)

    10_05_ADH不適切分泌症候群

    【症状】

    頭痛,悪心,嘔吐,意識障害,痙攣などの,低ナトリウム血症に伴う症状が出現する。

    低ナトリウム血症が急速に発症した場合は早期に重篤な症状が出現するが,慢性の低ナトリウム血症では血清ナトリウム濃度が低値のわりに症状は軽度にとどまる。

    脱水徴候がなく,浮腫を認めないことが診断の上で重要となる。

    【検査所見】

    〈血液・尿検査〉

    血清ナトリウム濃度および血漿浸透圧の低下と血漿AVP濃度の相対的高値を認める(1)

    10_05_ADH不適切分泌症候群

    低ナトリウム血症にもかかわらず,尿中ナトリウム濃度および尿浸透圧の相対的高値を認める。

    〈画像検査〉

    頭部CTまたはMRIおよび胸部CTにて,SIADHの原因となる中枢神経疾患および肺疾患の検索を行う。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top