株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

高マグネシウム血症

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
長井美穂 (東京医科大学臨床医学系腎臓内科学分野/医師・学生・研究者支援センター講師)
菅野義彦 (東京医科大学臨床医学系腎臓内科学分野主任教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    マグネシウム(Mg)は体内に約25g存在し,その半分が骨に,約45%が軟部組織に存在し,細胞外液には約1%が存在している。したがって,血清Mgは必ずしも体内Mg量を反映していない。

    血清Mgの正常値は1.8~2.6mg/dLであり,細胞において種々の酵素活性を持ち,カルシウムと協同して神経・筋の興奮に重要な役割を果たしている。ヒトは通常の食事により1日300mgのMgを摂取し,うち100mgが腸管から吸収され,同じ量が尿中に排泄される。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    悪心・嘔吐,起立性低血圧,徐脈,皮膚紅潮,筋力低下,傾眠,全身倦怠感,無気力,腱反射の減弱・消失,心電図異常(PR,QT延長),随意筋麻痺,嚥下障害,房室ブロック,低血圧,昏睡,呼吸筋麻痺,血圧低下,心停止などである。

    【検査所見】

    血清Mg濃度:2.7mg/dL(2.2mEq/L)以上。

    心電図異常:PR・QT延長,QRS幅の拡大,P波の消失,完全房室ブロック,心停止。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top