株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

腸軸捻転

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-13
橋口陽二郎 (帝京大学医学部外科学講座教授)
松田圭二 (帝京大学医学部外科学講座准教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    腸軸捻転(volvulus)は腸管がその腸管膜を軸として回転して(捻じれて)発生する。

    高齢者,精神・神経疾患を持つ場合に多く,S状結腸の頻度が最も高い。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    突然の腹痛と腹満で発症し,その後排ガス・排便が停止してイレウス症状を呈する。捻転腸管が壊死に陥った場合には腹膜刺激症状や下血が認められる。

    【検査所見】

    腹部単純X線:重要な所見として,coffee bean signと呼ばれる拡張したS状結腸の逆U字型の陰影が特徴的である1)図1)。

    注腸造影:捻転部においてバリウムの先細りの途絶(bird beak sign,corkscrew appearance)がみられる。

    大腸内視鏡:通常,肛門から20~30cmで捻転部に達し,粘膜の螺旋状の集中が認められる2)図2)。送気しつつ捻転部を通過し口側に達すると大量の腸液とガスを認める。そこで出血や壊死などの所見があれば緊急手術の適応となる。

    05_55_腸軸捻転

    腹部CT:拡張した結腸とS状結腸間膜の捻れに加え,free airや大量の腹水等が認められれば汎発性腹膜炎の所見である。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top