株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

食道潰瘍

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-26
小林健一 (名古屋大学大学院医学系研究科消化器内科学)
宮原良二 (名古屋大学大学院医学系研究科消化器内科学講師)
舩坂好平 (名古屋大学大学院医学系研究科消化器内科学)
後藤秀実 (名古屋大学大学院医学系研究科消化器内科学教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    食道潰瘍(esophageal ulcer)は稀な疾患であり,種々の原因によって引き起こされ,食道に限局する疾患と全身疾患の部分症とに大別される。

    食道に限局する疾患としてウイルスや結核などの感染性疾患,逆流性食道炎の重症例,全身疾患として膠原病,炎症性腸疾患など,外因性として薬剤,異物誤飲などが挙げられる。

    詳細な病歴聴取,臨床症状,内視鏡所見,生検組織所見から原因を診断し治療を行う。逆流性食道炎についての詳細は「§5-3 胃食道逆流症(GERD)」参照

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    無症状のものから,胸痛,嚥下痛を有するものまで症状は様々である。時に食道潰瘍からの出血により吐血をきたすこともある。また,潰瘍の治癒過程で瘢痕狭窄を合併すると,つかえ感などの嚥下障害が引き起こされる。

    【検査所見】

    内視鏡検査所見を中心に鑑別診断を行う()。

    05_02_食道潰瘍

    〈ウイルス性潰瘍〉

    内視鏡検査では打ち抜き潰瘍や円形のびらんを認める。生検での核内封入体や免疫組織染色,PCR法により診断される。

    〈食道結核〉

    内視鏡検査にて,粘膜下腫瘍様の盛り上がりを伴う不整形の潰瘍として観察されることが多い。胸部CT,食道造影検査,クォンティフェロン®なども有用である。確定診断には病変部からの結核菌の証明(組織,培養,PCR法)が必要である。

    〈強皮症〉

    食道蠕動の低下を背景として,内視鏡検査では逆流性食道炎に食道潰瘍の合併を認める。食道内圧検査が有用である。血清特異抗体として抗核抗体,抗Scl-70抗体,抗セントロメア抗体がある。

    〈クローン病〉

    内視鏡検査にてアフタ様病変,縦走傾向を示す潰瘍や敷石状変化を認めることがある。

    〈ベーチェット病〉

    内視鏡検査にて深い穿通性潰瘍または円形~卵円形の打ち抜き潰瘍を認めることが多い。消化管全体に病変が認められることがあり,回盲部の打ち抜き潰瘍が特徴的である。

    〈自己免疫性水疱症〉

    皮膚病変と同様に,水疱の多発とそれが剥離した円形のびらん・血豆様所見または食道粘膜剥離を示す。内視鏡検査での物理的接触あるいは生検鉗子で粘膜を擦過すると,容易に上皮が剥離する現象(Nikolsky現象)が認められる。

    〈薬剤性〉

    薬剤の停滞により薬物が流出した結果,酸,アルカリ,浸透圧などにより食道粘膜傷害を引き起こし,多発性・大小不同の潰瘍など多彩な内視鏡所見を呈する。原因薬剤としてはドキシサイクリンなどの抗菌薬,アスピリン・非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs),ビスホスホネート製剤,塩化カリウムなど多種におよび,最近ではダビガトランによる食道潰瘍も報告されている。薬剤内服歴が重要である。

    〈食道異物〉

    異物が食道に停滞することによる機械的刺激により潰瘍性病変が起こりうる。ボタンまたはコイン型電池では,停滞により内部のアルカリ物質が流出すると深い潰瘍を形成することがある。

    〈特発性食道潰瘍〉

    打ち抜き潰瘍や粘膜下腫瘍様の内視鏡所見を呈し,中下部食道に好発,多発する傾向がある。除外診断ではあるが,他の原因との鑑別が困難である。HIV感染症に伴うことがあり,CD4リンパ球の減少が認められる。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top