株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

胃食道逆流症(GERD)

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-26
岩切勝彦 (日本医科大学消化器内科学教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    胃食道逆流症(gastroesophageal reflux disease:GERD)は,食道に粘膜傷害を有する逆流性食道炎と,逆流症状のみを有する非びらん性胃食道逆流症(non-erosive reflux disease:NERD)に分類される(図1)。

    05_03_胃食道逆流症(GERD)


    食道粘膜傷害を有する逆流性食道炎の頻度は,GERDの約30~40%である。

    食事の欧米化,ピロリ菌陰性者の増加に伴い,GERD患者が増加している。

    GERD患者のQOLは十二指腸潰瘍患者と同様に低下するが,適切な治療を行うことにより健常者レベルに戻る。

    標準量のプロトンポンプ阻害薬(PPI)使用により,ほとんどの軽症逆流性食道炎,80~85%の重症逆流性食道炎は治癒する。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    GERDの典型的な症状は胸焼けと呑酸である。

    定型症状だけではなく,非心臓性胸痛や咽喉頭異常感,慢性咳嗽などの非定型症状がある。

    【検査所見】

    逆流性食道炎,NERDの診断は上部消化管内視鏡検査により行われる。食道粘膜傷害が存在する場合には逆流性食道炎,逆流症状を認めるが,食道粘膜傷害が存在しない場合にはNERDと診断される(NERDの鑑別診断に関しては「§5-4 非びらん性胃食道逆流症(NERD)」参照)。

    逆流性食道炎の内視鏡重症度分類としては,星原らが提唱した改訂ロサンゼルス分類(図21)が広く用いられている。粘膜傷害の程度により,Grade N,M,A,B,C,Dの6段階に分類されている3)

    05_03_胃食道逆流症(GERD)

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top