株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

腸内細菌叢をターゲットとした治療【炎症性腸疾患と糞便移植法】

No.4869 (2017年08月19日発行) P.52

西田淳史 (滋賀医科大学消化器内科)

安藤 朗 (滋賀医科大学消化器内科教授)

登録日: 2017-08-15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年の次世代シークエンサーを用いた腸内細菌叢の解析などから,炎症性腸疾患をはじめとした各種疾患の腸内細菌叢の異常が指摘されるようになった。この腸内細菌叢の異常は,“dysbiosis”と呼ばれている。このdysbiosisは,細菌種の数の減少や,少ないはずの細菌種の増加,あるいは優位であるはずの細菌種の減少などを指している。このdysbiosisが様々な疾患の病態に関与していることが明らかとなってきている。

炎症性腸疾患の病態形成にもdysbiosisの関与が指摘されており,腸内細菌叢を標的とした新しい治療の候補として糞便移植法(fecal microbiota transplantation:FMT)が注目されている。しかし,その効果についてはいまだcontroversialである。

筆者らの施設では,軽症~中等症の潰瘍性大腸炎症例に対するFMTの安全性と有効性の検討を行った1)。41例の潰瘍性大腸炎に対してFMTを施行した。FMT後8週間の臨床的寛解率は0例/41例(0%),臨床的改善率は11例/41例(26.8%)であった。また,FMTに伴う副作用発現率は0例/41例(0%)であった。ドナーの腸内細菌叢の変化とFMTの有効性には相関性が認められなかった。これらのことから,潰瘍性大腸炎に対するFMTは,安全性には問題はないが効果としては限定的である,と考えている。

今後,ドナーの選定,投与方法,投与回数,ドナー便の処理方法,さらに長期の安全性などを含めた検討が必要であると考えられる。

【文献】

1) Nishida A, et al:J Gastroenterol. 2017;52(4): 476-82.

【解説】

西田淳史*1,安藤 朗*2 *1滋賀医科大学消化器内科 *2同教授

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

もっと見る

page top