株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

ping-pong gazeとroving eye movementは同じ症候か?

No.4809 (2016年06月25日発行) P.59

城倉 健 (横浜市立脳卒中・神経脊椎センター副病院長)

登録日: 2016-06-25

最終更新日: 2016-10-29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【Q】

ping-pong gazeとroving eye movementは同一の症候なのでしょうか,それとも別の症候なのでしょうか。別の症候であるなら何が異なるのかを教えて下さい。
可能であれば,横浜市立脳卒中・神経脊椎センター・城倉 健先生にご解説をお願い致します。
(新潟県 S)

【A】

1967年にFisher(文献1)は,昏睡患者にみられる眼球の自動運動を報告しました。眼球が勝手に動いてしまうことから,後にこうした昏睡患者の自動眼球運動は,roving eye movementと呼ばれることが多くなりました。ただし,roving eye movementという用語の定義が明確に定まっていたわけではないので,非共同性の運動や規則性のない運動も含めた様々な自動眼球運動が,roving eye movementと呼ばれていたようです。剖検所見などから,roving eye movementは両側の大脳が障害され,しかも脳幹が保たれた状態を示唆する所見と考えられていました。
一方,1976年にSenelick(文献2)は,小脳虫部出血の患者にみられた数秒周期の左右への両眼の規則的な共同運動を,ping-pong gazeとして報告しました。眼球は一側から他側に滑らかに移動し,直ちに反対側に引き返すことを周期的に繰り返すため,あたかもping-pongの試合を見ているかのような動きになります。
ところが,その後,同様の眼球運動が,両側大脳半球障害でしかも脳幹が比較的保たれた昏睡患者に出現することが相次いで報告されました。今日ではping-pong gazeは小脳障害ではなく,両側の大脳が障害され,しかも脳幹は障害を免れている場合に出現する神経症候としてとらえられています(文献3)。したがって,結局roving eye movementと同じ脳の状態を示唆する神経症候ということになります。
厳密に言うと,roving eye movementの定義があいまいなのに対し,ping-pong gazeは動きの特徴がある程度規定されている(文献3,4),という違いがありますが,本質的には同じ症候を指していると考えてよいでしょう。もちろん診断的意義も同じです。実際,roving eye movementの報告のほとんどは,両眼の左右への周期的な移動なので,ping-pong gazeと言い換えることも可能です。眼球運動の定義があいまいだからと言って,roving eye movementがping-pong gazeよりも広い範囲の眼球運動を含めた意味で用いられているわけではないのです。
日本では,roving eye movementという用語のほうが幅を利かせているようですが,歴史的には,あいまいな定義のroving eye movementという用語から,時代を経て,もう少し特徴をとらえたping-pong gazeという用語に変化してきています。したがって,日本でも今後はping-pong gazeという用語に統一したほうがよいように思います。実際,欧米の教科書では定義のあいまいなroving eye movementという用語が使われていないものも多いようです。

【文献】


1) Fisher CM:J Neurol Neurosurg Psychiatry. 1967;30(5):383-92.
2) Senelick RC:Neurology. 1976;26(6 PT 1):532-5.
3) Ishikawa H, et al:Neurology. 1993;43(6):1067-70.
4) Johkura K, et al:J Neuroophthalmol. 1998;18(1):43-6.

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top