株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

上手なピロリ菌除菌のコツ

No.4720 (2014年10月11日発行) P.50

杉山敏郎 (富山大学消化器造血器腫瘍制御内科教授)

登録日: 2014-10-11

最終更新日: 2016-10-26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

H. pylori(Hp)感染胃炎について,保険診療下で除菌できるようになり,対象者が急増し「上手な除菌」が求められる。一次除菌(PPI+AMPC+C AM),二次除菌(PPI+AMPC+MNZ)のみが承認されているので,これらで可能な限り高い除菌率を得る必要がある。除菌にはパック製剤などもあるが,失敗しないための「上手な除菌のコツ」がある。それには除菌失敗に関わる諸要因を考慮する。
細菌要因としては抗菌薬,特にCAM耐性菌が主要因である。わが国のHpの30%以上が耐性で,現在の一次除菌では70%以上の除菌率を得ることは困難と考えがちだが,上手な除菌で90%前後の除菌率が得られる。第二の細菌要因はCagAの有無だが,わが国ではすべてCagA陽性菌である。ほかに宿主要因として,(1)十分に酸分泌が抑制されているか,(2)PPI代謝の個人差は,(3)服薬コンプライアンスは良いか,の3点が挙げられる。
CAMのHp抗菌活性は胃内pHに依存し,完全に中性域まで酸分泌が抑制されると胃内抗菌活性は130倍増大するため,試験管内の中等度CAM耐性であっても耐性濃度を凌駕し除菌できる。また,わが国の除菌期間は1週間で,PPIは十分な酸分泌抑制に3日間を要するため,実質除菌期間は4日間となる。海外のメタ解析では,PPI 3剤除菌法でも14日間投与で有意に除菌率が向上するので,実質除菌期間の短縮は除菌率に影響する。つまり,速く,かつ,強い酸分泌抑制効果を発揮するPPIの選択が重要となる。PPI代謝の個人差も間接的に酸分泌抑制効果に影響するので同様である。
服薬コンプライアンスも重要だが,コツは除菌の意味,予想される副作用の説明につきる。現状でも一次除菌で90%前後の除菌率が得られると,保険診療内のレジメンで98~99%が除菌できる。

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

もっと見る

関連物件情報

page top