株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

眉間のしびれるような痛みを主訴に受診した49歳男性[キーフレーズで読み解く 外来診断学(263)]

No.5106 (2022年03月05日発行) P.1

監修: 生坂政臣 (千葉大学医学部附属病院総合診療科)

栗原むつか (千葉大学医学部附属病院総合診療科)

李 宇 (千葉大学医学部附属病院総合診療科)

横川大樹 (千葉大学医学部附属病院総合診療科)

上原孝紀 (千葉大学医学部附属病院総合診療科)

登録日: 2022-03-03

最終更新日: 2022-03-02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4年前から眉間のしびれるような痛みを繰り返し自覚するようになり,改善しないため当科を紹介受診した。痛みは1カ月に数日の頻度で群発し,発声または咳嗽に伴って瞬間的にピークに達し,数秒で消失する。洗顔では誘発されない。

既往歴に特記事項なし。8年前に美容形成目的で鼻根部にヒアルロン酸注入。

無症状時の身体診察で疼痛部位に圧痛はないが,モノフィラメントで触覚・痛覚鈍麻を認めた。皮疹はない。患者本人による痛みの出現部位を示す(図1)。

研修医の診断:三叉神経痛(第1枝領域)

プレミアム会員向けコンテンツです(最新の記事のみ無料会員も閲覧可)
→ログインした状態で続きを読む

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連物件情報

page top