株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

多発型円形脱毛症の治療戦略は?

No.5077 (2021年08月14日発行) P.52

千貫祐子 (島根大学医学部皮膚科准教授)

伊藤泰介 (浜松医科大学皮膚科学講座准教授)

登録日: 2021-08-12

最終更新日: 2021-08-10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 難治性の多発型円形脱毛症の治療について,最近の知見も含めてご教示下さい。
    浜松医科大学・伊藤泰介先生にご回答をお願いします。

    【質問者】

    千貫祐子 島根大学医学部皮膚科准教授


    【回答】

    【難治な円形脱毛症治療は範囲,病勢,罹病期間,年齢を考慮して行う】

    円形脱毛症の治療は,「日本皮膚科学会円形脱毛症診療ガイドライン2017年版」において,29項目のクリニカルクエスチョンにわけてわかりやすく解説されています1)。治療法の選択については脱毛範囲,病勢,年齢などが考慮されています。円形脱毛症は長い病歴,広範囲,発症年齢が若い,円形脱毛症の家族歴,またアトピー体質があると難治性になる傾向があります。ガイドラインで推奨度Bである局所免疫療法は,年齢を問わず,脱毛巣が頭部の25%以上を占める多発型,全頭型,汎発型の症例に第一選択肢として行うように勧められます。適度なアレルギー性接触皮膚炎が誘導される濃度を継続することが効果を上げる秘訣ですが,色素沈着や白斑が生じてきた場合には中止するほうがよいです。また,重度のアトピー性皮膚炎(atopic dermatitis:AD)を合併している患者では,局所免疫療法によって皮膚炎がさらに悪化し脱毛症状も改善しないことが多いです。重度AD合併例ではデュピルマブやバリシチニブの投与によってADの改善がみられた結果,円形脱毛症も改善する症例があります。

    残り673文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    関連物件情報

    page top