株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

去勢抵抗性前立腺癌の最新の治療法は?

No.5072 (2021年07月10日発行) P.49

高橋 悟 (日本大学医学部泌尿器科学系主任教授)

賀本敏行 (宮崎大学医学部泌尿器科教授)

登録日: 2021-07-08

最終更新日: 2021-07-06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 前立腺癌の治療開始当初はほとんどの症例で内分泌療法が奏効しますが,やがて去勢抵抗性を獲得する症例が少なくありません。最近では多くの新規治療薬が開発されており,2021年にはゲノム診断に基づいた薬剤の使用が保険適用となりました。これら最新の去勢抵抗性前立腺癌の治療戦略をお教え下さい。
    宮崎大学・賀本敏行先生にご回答をお願いします。

    【質問者】

    高橋 悟 日本大学医学部泌尿器科学系主任教授


    【回答】

    【BRCA変異があった場合にポリアデノシン5’二リン酸リボースポリメラーゼ(PARP)阻害薬が使えるようになった】

    (1)新規治療薬が続々登場

    去勢抵抗性前立腺癌は「去勢(ホルモン)療法によって血液中の男性ホルモンの濃度が低い(50ng/dL未満)にもかかわらず,がんが進行あるいはPSAの値が上昇している状態」の前立腺癌と定義されます。初発時に進行し転移があるような前立腺癌でも,男性ホルモン依存性でホルモン療法が著効することは古くから知られていました。しかし,効果があっても必ず「去勢抵抗性」になり,この病態に対する効果が明らかな治療方法はありませんでした。

    そのような中,2008年にドセタキセル,2014年にはエンザルタミド,アビラテロン,カバジタキセル,2016年に塩化ラジウム,2019年にはアパルタミドが承認され,この10年における去勢抵抗性前立腺癌に対する治療の変遷には目を見張るものがあります。一方で,これらの新規治療薬の投与順に明確なものはなく,またその効果を予測できるマーカーもないため,「まずは投与してみて,その効果をみる」ことになります。最近では,去勢抵抗性になる前にこれらの新規治療薬を併用することが生存期間を延ばすことが明らかになり,どんな患者にも「とりあえずホルモン療法のみ」を行う時代は変わりつつあります。

    残り565文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    関連書籍

    関連求人情報

    公立小浜温泉病院

    勤務形態: 常勤
    募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
    勤務地: 長崎県雲仙市

    公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
    2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
    3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

    当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
    医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
    また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

    関連物件情報

    page top