株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

左半身の脱力で来院した67歳女性[鑑別診断塾入門(6)]

No.5070 (2021年06月26日発行) P.9

塩尻俊明 (国保旭中央病院総合診療内科部長)

登録日: 2021-06-24

最終更新日: 2021-06-23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【現病歴】X-60分,就寝のため2階に上がった後,両肩に締めつけられるような痛みを自覚。その後,すぐ後頸部にも痛みを感じた。痛みを感じた直後,左半身が動かなくなり救急車を要請。X-40分,後頸部から両肩の痛みは持続していたが,立位になることはできた。X-0分,ER到着時は左半身の麻痺は消失していた。
<追加の情報>
視野異常,複視,顔面の感覚障害,構音障害,左半身の感覚異常はなかった。両肩の痛みは肩関節を動かしても増悪しなかった。
【既往歴】気管支喘息。最近は発作なし。
【内服薬】なし
【バイタルサイン】BP 169/106mmHg,PR 97/min整,RR 18/min,BT 36.2℃,SpO2 97%(RA)
【身体所見】意識清明。後屈で増強する後頸部痛あり。脳神経系に異常なし。明らかな麻痺・感覚障害・失調はなし。高次機能に異常なし。

 キーワード 
・突然発症
・両肩痛(肩関節ではない)~後頸部痛
・疼痛直後の一過性左純粋運動性片麻痺
・問診上脳神経症状なし
・後頸部痛は後屈で増悪

考えられる診断は?

A. 頸髄硬膜外血腫
B. 延髄外側症候群
C. 延髄内側症候群
D. 転移性脊椎硬膜外腫瘍
E. 大動脈解離

プレミアム会員向けコンテンツです(最新の記事のみ無料会員も閲覧可)
→ログインした状態で続きを読む

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連物件情報

page top