株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

New normal下における精神科外来で特に気をつけるべきことは?

No.5055 (2021年03月13日発行) P.48

肥田裕久 (ひだクリニック院長)

片山寛人 (こころとからだクリニック福井院長)

登録日: 2021-03-11

最終更新日: 2021-03-09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • New normal下における精神科外来で特に気をつけるべきことは何でしょうか。また,児童生徒の受診で特に配慮すべきことは何でしょうか。
    こころとからだクリニック福井・片山寛人先生にご回答をお願いします。

    【質問者】

    肥田裕久 ひだクリニック院長


    【回答】

     【New normal下でも安易な長期処方は慎み,患者背景に配慮した介入をすべき】

    New normal下で多くの患者が受診控えをした,と報じられています。new normalとは社会に定着した新たな常識を指す言葉です。令和2年2月28日の厚生労働省事務連絡では,「新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点から,慢性疾患等を有する定期受診患者等について,(中略)長期投与によって,なるべく受診間隔を空けるように努めることが原則(後略)」と通達されました。しかし,定期受診は不要不急なものではありません。

    2015年の中央社会保険医療協議会総会において行われた議論では「服薬を忘れたり中断して病状が改善しなかった」「受診間隔が長い間に状態が悪化した」など,長期処方に伴う弊害が報告されています。

    精神疾患においては,多くの患者で内服アドヒアランス不良が報告されています。入院した統合失調症患者の35%は定期的内服ができず,アドヒアランスを向上させる定期通院は病状改善,維持のために必須です。また,大うつ病の偽薬効果は受診頻度と相関するとの報告があり,頻繁な受診がうつ病の病状を改善させる鍵となります。

    残り701文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    page top