株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

1月前半に突発した(民間)病院バッシング報道をどう読むか?[深層を読む・真相を解く(108)]

No.5054 (2021年03月06日発行) P.56

二木 立 (日本福祉大学名誉教授)

登録日: 2021-03-03

最終更新日: 2021-03-02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本の病床数は世界一多いのに、コロナ患者を受け入れる病床が逼迫するのはおかしい」、「病床が逼迫しているのは民間病院がコロナ患者を受け入れていないから」。本年1月7日に2回目の緊急事態宣言が発出された直後から、新聞やテレビ等の報道で、このような病院、特に民間病院のバッシング(以下、病院バッシング)が突発しました。

そこで、本稿では、「日経」「読売」「朝日」「毎日」の全国紙4紙の報道により、病院バッシングが突発した経緯を検証し、一紙を除いてそれが収束したことを示します(すべて朝刊)。併せて、病院バッシングの根拠とされた2種類のデータが、典型的な「統計でウソをつく法」であることを示します。

プレミアム会員向けコンテンツです(最新の記事のみ無料会員も閲覧可)
→ログインした状態で続きを読む

関連記事・論文

もっと見る

関連物件情報

page top