株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

肺門腫大! 左肺門部腫瘍を疑って施行されたPET-CTのFDG集積は軽度であった。良性腫瘍?[画像診断道場~実はこうだった(179)]

No.5053 (2021年02月27日発行) P.1

何澤信礼 (関西医科大学放射線科)

登録日: 2021-02-25

最終更新日: 2021-02-24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

症例:60歳,男性。会社健診で胸部異常陰影を指摘された。Hilum overlay sign(肺門重畳徴候)陽性。
既往歴:脳出血(55歳)
喫煙歴:20本/日×40年
アスベスト関連など粉塵吸入歴なし。
WBC 12200/μL↑,RBC 469×104/μL,Hb 15.8g/dL,血小板24.9×104/μL,GLU 99mg/dL,Na 142mEq/L,Ca 9.4mg/dL,TP 6.8g/dL,Alb 4.0g/dL,A/G 1.43,CRP 0.61mg/dL↑,BNP 14.2pg/mL,KL-6 218U/mL,CEA 2.4ng/mL,シフラ 2.5ng/mL,SCC 2.1ng/mL↑,SLX 35U/mL,Pro GRP 64.6pg/mL。

プレミアム会員向けコンテンツです(最新の記事のみ無料会員も閲覧可)
→ログインした状態で続きを読む

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

もっと見る

関連物件情報

page top