株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

■NEWS オンライン資格確認のプレ運用参加施設を公募―500施設程度を選定・厚労省

No.5050 (2021年02月06日発行) P.85

登録日: 2021-02-01

最終更新日: 2021-02-01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年3月下旬から本格稼働予定の「オンライン資格確認」について、厚生労働省は129日、本格稼働前のテストという位置付けで3月上旬からプレ運用を開始すると発表した。プレ運用の参加医療機関・薬局の公募も同日から開始。参加した場合は、申し込んだメーカーの顔認証付きカードリーダーが優先的に手配されるなどのメリットが享受できるとしている。

プレ運用は、500施設程度を対象に本格運用と同じ環境下で、患者にもマイナンバーカード(あるいは健康保険証)を使って受診してもらうことを想定している。参加するためには、▶3月上旬までに(34日頃を予定)オンライン資格確認に関するシステム・ネットワークなどを準備できる見込みがある(資格確認端末、顔認証付きカードリーダーの設置を含む)、▶レセコン、医事会計システム、電子カルテシステムと資格確認端末・顔認証付きカードリーダーを接続した場合の動作確認といった、院内での運用テストを2月末までに実施できる、▶プレ運用開始への協力、厚労省ホームページ上での施設名公表、週次で実施予定のアンケートへの協力を承諾する―といった条件を満たすことが求められる。

厚労省はプレ運用に参加するメリットとして、▶オンライン資格確認システムを本番前にスタートできるためPR効果が期待できる、▶プレ運用施設には可能な範囲で優先的に、申し込みをしたメーカーの顔認証付きカードリーダーを手配する、▶プレ運用施設専用のポスターを配布する―の3点を示している。

申込みは、オンライン資格確認用の「医療機関等向けポータルサイト」(https://www.iryohokenjyoho-portalsite.jpのマイページ内にある申込み画面から行う。申込み多数の場合は先着順で対象施設を選定。選定結果は実施確定・落選に関係なく、全応募施設に連絡される。公募の締め切りは2月12日。

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

関連物件情報

page top