株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

【PR】1月27日(水)19時~ オンラインセミナー開催決定!
開業医が語る『ICTを活用した次世代クリニックのかたち ~院内自動化・集患の実例~』 (Donuts)

登録日: 2021-01-19

最終更新日: 2021-01-19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年秋、幕張メッセで開催された医療総合展示会で、多数のクリニック院長および医療関係者が聴講した『ICTを活用した次世代クリニックの かたち~院内自動化・集患の実例~』セミナーを、オンラインにて追加開催するはこびとなりました。

本セミナーでは、東小金井小児神経・脳神経内科クリニック 生田 陽二院長よりICT利活用における院内業務および診察時の省パワー実現事例、自身で実践できるクリニックホームページの集患・増患対策手法を紹介していただきます。

感染症流行よる外来需要の減少、都市部での競争の激化など、年々難しさを増しているクリニック 経営の舵取り。院長先生はじめ、事務長様もご一緒にご聴講ください。

講演概要

ICTを活用した次世代クリニックのかたち ~院内自動化・集患の実例~

[講師]東小金井小児神経・脳神経内科クリニック 院長 生田 陽二 先生
(司会進行:株式会社Donuts CLIUS 医療事業部 部長 林 志紋)

・日  時:2021年1月27日[水]19:00~20:00 終了予定
・会  場:オンライン(WEB)開催 ※申込の方に聴講者専用URLを送付します。
・費  用:無料
・申込締切:2021年1月27日水]18:00

プログラム

・集患のためにITを活用した広告宣伝戦略
・クリニックにおける事務作業の自動化・効率化
・電子カルテ 等を用いた診療の効率化
・働き方改革
・なぜここまで自動化するのか

講師紹介

東小金井小児神経・脳神経内科クリニック 院長 生田 陽二 先生

中高時代に初めてMS-DOS搭載パソコンに触れ、その後は趣味でパソコン通信を利用したり、MIDIによる楽曲制作やホームページ制作、プログラミングなどをしていた。進学した東京大学農学部では生物情報工学の研究室に所属。ポストゲノム時代の黎明期であり、卒業研究ではアミノ酸配列からタンパク質の三次元構造を予測する精度を向上させるプログラムを作成した。

東京大学農学部を卒業後、北海道大学医学部に編入学し、2007年卒業。公立昭和病院の初期臨床研修、小児科研修を経て、東京都立小児総合医療センター神経内科にて小児神経学を学ぶ。小児神経科医として診療する中でてんかんや重度障害児の成人期移行問題に直面し、2020年4月に東小金井小児神経・脳神経内科クリニックを開院。ITを活用した診療・経営を実践している。

ご留意点

*お申込み時にお預かりした個人情報等は、主催者よりサービスのご案内に活用させていただくことがございます。予めご了承ください。
*人数超過により、申込みを早めに締切る場合がございます。お早目にお申込みください。
*本セミナーはzoomのウェビナーを使用して実施します。聴講専用アドレスは複数名での共用ができないため、聴講者様それぞれでお申し込みください。

問い合わせ

CLIUSサポート窓口
050-5306-4190[平日10:00~18:00](土日/祝日を除く)
info@clius.jp

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top