株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

天国からの暑中見舞い[プラタナス]

No.5022 (2020年07月25日発行) P.3

森山成彬(もりやま なりあきら) (通谷メンタルクリニック院長)

登録日: 2020-07-25

最終更新日: 2020-07-20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • Kさんの双極性障害(躁うつ病)は30歳を過ぎて始まり、躁状態のときに夫に離縁され、3人の娘さんを残して九州に戻ったのが50歳を過ぎてからだった。私が勤務していた精神科病院の初診時には、気の毒なくらいしょげ返っていた。入院は2年半に及び、時折軽躁を呈するくらいになって退院した。頼るべき実家はなくなっており、単身生活を続けながらも、交友関係は広く、誰とでも意気投合し、ピクニックに行ったときの写真を、外来通院のたびに見せてもらった。キリスト教の教会に通い出したのも、その頃だった。

    残した3人の娘さんとはやりとりがあり、それぞれが結婚するたび、写真が送られてきて、私もよく見せてもらった。この母子交流は、もちろん父親には内密であり、娘さんがわざわざ母親に会いに九州まで訪ねてくるのも、秘めごとだった。
    病院の外来でKさんを10年間診たあと、私が開業を思い立った際、記念の写真にと、私を診察室や中庭、玄関前に立たせてパチパチ撮ってくれたのもKさんだった。それらの貴重な写真は、今でも手元に残っている。

    残り340文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    もっと見る

    page top