株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

胸部症状ありの高齢者…V1~V3のQ波をチェックすべき![“すきドリ” すき間ドリル! 心電図~ヒロへの挑戦状~(25)]

No.5018 (2020年06月27日発行) P.9

杉山裕章 (京都府立医科大学附属病院循環器内科)

登録日: 2020-06-26

最終更新日: 2020-06-24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

67歳,男性。胸部違和感と気分不快を主訴に来院した。その際の心電図を示す(図1)。
既往歴:耳鼻科系腫瘍切除術(2年前),経皮的冠動脈形成術(20年前)。
血圧204/104mmHg,脈拍84/分・整,下腿浮腫:両側で軽度。
「なんかね,こんところだるいし,胸がモヤモヤっていうか,時々モワーッとするんよ。20年も前にね,カテーテルされてから心臓のほうはまったく病院行ってないんだよ。今日は朝から気分も悪くて薬も飲んでないから血圧もビックリするほど上がっててさ。大丈夫かな,先生?」
心電図自動診断は「不完全右脚ブロック」,「平低T:Ⅰ」,「陰性T:aVl」であるが,これで良いか?

プレミアム会員向けコンテンツです(期間限定で無料会員も閲覧可)
→ログインした状態で続きを読む

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top