株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

高齢者のかぜ × 参蘇飲[漢方スッキリ方程式(33)]

No.4990 (2019年12月14日発行) P.14

阿南栄一朗 (酒井病院 呼吸器内科・アレルギー科)

登録日: 2019-12-12

最終更新日: 2019-12-12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内科外来で咽頭痛,鼻水,鼻閉,咳嗽,喀痰,発熱などかぜ症状の対応を求められる機会は多い。一般的な対応は,総合感冒薬や消炎鎮痛薬,抗アレルギー薬,去痰薬,含嗽薬などにより対症療法に努めることになる。かぜ症状はウイルスが原因の場合がほとんどで,高熱や膿性痰がなければ抗菌薬を使用することは少ない。

しかし,超高齢社会の日本は,高齢者の割合が増加の一途である。症状が軽症と思われる段階から対応を誤ると,フレイル,寝たきりへ進行するケースもある。本症例のように対症療法を行うものの食欲不振になり,症状が遷延することや,発熱もなく症状が軽症に見えて肺炎であることもあり,初期対応が重要となる。

かぜだからと画一的に同じ処方や指導をするのではなく,患者の体力,症状の強さ,持病に合わせた工夫が求められる。その治療の工夫をする上で漢方は優れている。本邦でかぜ症状へ漢方か解熱鎮痛薬を投与した研究では,漢方投与群で発熱や全症状の持続時間が短期間で改善したとする結果1)もある(表)。本症例も漢方投与を行い,短期間で遷延悪化した症状の改善をみており,患者の状況を考えた治療が必要と言えよう。

「かぜ=葛根湯」ではない

本症例で使用した参蘇飲は和剤局方を原典とする漢方で,六君子湯を基礎にしている。胃腸機能を維持しつつ,頭痛・発熱に葛根,蘇葉,前胡,咽頭痛・咳嗽・喀痰・鼻汁に半夏,桔梗,陳皮が作用し,胃腸機能の弱い症例の上気道症状に対応する2)

かぜには葛根湯が有名だが,麻黄が入るため,胃腸の弱い人では胃腸障害,心臓の弱い人では心不全,前立腺肥大症の患者では尿閉のリスクが高まる。より虚証で麻黄の副作用が気になる症例は桂枝湯を使用する。発熱していても体熱感がなく四肢の冷えを感じる症例や漿液性の鼻汁のある症例は麻黄附子細辛湯や小青竜湯が役立つ3)。参蘇飲は,胃の弱い人で葛根湯や桂枝湯が胸につかえるという,感冒に咳嗽を兼ねたものによいとされ,高齢者で使用しやすい漢方である4)5)

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

もっと見る

関連物件情報

page top