株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

ネフローゼ症候群─ステロイド[頻用薬 処方の作法(70)]

No.4987 (2019年11月23日発行) P.12

藤村昭夫 (自治医科大学名誉教授・ 巨樹の会学術顧問)

登録日: 2019-11-26

最終更新日: 2019-11-21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆:藤村昭夫(自治医科大学名誉教授・ 巨樹の会学術顧問)

臨床薬理学的特徴(表)

 

■ネフローゼ症候群の治療薬として,主に2種類のステロイドが用いられており,ともに肝代謝される。
■通常量のプレドニゾロンで寛解導入が困難なとき,大量のメチルプレドニゾロンを短期間,点滴静注する(ステロイドパルス療法)。特に,腸管浮腫のために経口ステロイドの吸収が悪いと考えられる症例では,ステロイドパルス療法が適応になる。

プレミアム会員向けコンテンツです(期間限定で無料会員も閲覧可)
→ログインした状態で続きを読む

関連記事・論文

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

関連物件情報

もっと見る

page top