株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

胎児血圧の測定方法は?

No.4973 (2019年08月17日発行) P.60

小川昌宣 (九州大学環境発達医学研究センター)

室月 淳 (宮城県立こども病院産科科長/東北大学大学院医学系研究科先進成育医学講座胎児医学分野教授)

登録日: 2019-08-19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 胎児血圧はどのようにして測定されるのでしょうか。また,胎児の血圧測定は,産科臨床をどのように変えていくでしょうか。宮城県立こども病院・室月 淳先生にご回答をお願いします。

    【質問者】

    小川昌宣 九州大学環境発達医学研究センター


    【回答】

    【超音波による非侵襲的評価法】

    血圧は最も基本的な生体パラメータであり,成人や小児を扱う医療者にはしごく当たり前の概念ですが,胎児を医療の対象とする産科医にとってはそうではありません。これまでは子宮の中にいるヒト胎児の血圧を計測する方法がありませんでした。もちろん胎児にも血圧があるでしょうし,それは胎児の状態評価に役立ちそうな予感がありましたが,そもそも「胎児血圧」という概念が存在しなかったのです。

    このたび筆者らは,超音波によって非侵襲的に胎児血圧を評価する方法を開発しました。脈波を記述するwater-hammer式によると,血流(=流速:V)は駆出圧(P)に比例し脈波伝播速度(pulse wave velocity:PWV)に反比例して変化します。すなわちP=ρ・PWV・Vです〔ρは血液密度(1.05 g/cm3)〕。超音波を用いて胎児大血管の血流速度とPWVを高精度で測定できれば血圧を計算できることになります。

    残り690文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    関連物件情報

    もっと見る

    page top