株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

(1)COPD早期発見をめざしたスクリーニングツール[特集:COPD早期発見の試み]

No.4962 (2019年06月01日発行) P.18

堂嶽洋一 (鹿児島大学大学院医歯学総合研究科呼吸器内科学)

窪田幸司 (鹿児島大学大学院医歯学総合研究科呼吸器内科学)

籾 博晃 (鹿児島大学大学院医歯学総合研究科呼吸器内科学)

井上博雅 (鹿児島大学大学院医歯学総合研究科呼吸器内科学教授)

登録日: 2019-06-03

最終更新日: 2019-05-29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

未診断・未治療の慢性閉塞性肺疾患(COPD)が多数潜在していることが指摘されており,喫煙者の診療ではプライマリケアにおいても常にCOPDを疑うことが重要である

COPDの診断の基本はスパイロメトリーであり,気管支拡張薬吸入後の1秒率が必要である。COPD-Qなどの質問票によるスクリーニングを行い,COPDが疑われる例にスパイロメトリーを含めた精査が有用と考えられる

診療室でも検査が可能な簡易型スパイロメーターも,スパイロメトリーを行うかどうかの判断に有用であると考えられる

1. 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の早期発見

慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease:COPD)の有病率は世界的に増加しており,2020年には死亡原因の第3位になると予測されている1)。厚生労働省の統計によると,わが国では2017年のCOPDによる死亡者数は1万8523人であり,日本人男性の死亡原因の第8位である。近年COPDによる死亡者数は頭打ちになっていたが,2017年は1995年以降で最高値となっている。2000年に行われた日本COPD疫学調査(Nippon COPD Epidemiology Study:NICE Study)では,わが国における40歳以上のCOPD有病率は8.6%,患者数530万人と推定されており2),先進諸国における有病率と同等である。

一方,2014年の厚生労働省の患者調査によると,医療機関で治療を受けているCOPD患者数は約26万人にすぎず,大多数の患者が未診断・未治療の状況に置かれていることを示している。健康日本21(第二次)において,COPDは禁煙による予防と薬物等による治療が可能な疾患であり,早期発見による早期治療が求められている。早期発見により禁煙指導やワクチン接種をより強く推奨でき,プライマリケアにおいて急性増悪を鑑別に挙げることが容易となる。

未診断のCOPDが多いため,COPDの早期発見のための方策を確立することが重要である。これまで,社会に向けてCOPDの啓発を行い,スパイロメトリーを広く行う必要性が指摘されてきた。しかし,スパイロメトリーはいまだに十分には普及しておらず,40歳以上の国民全員にスパイロメトリーを実施することは経費的に困難であり,COPDの高リスク者をスクリーニングし,スパイロメトリーを含めた精査を勧めることが現実的と考えられる。

プレミアム会員向けコンテンツです(期間限定で無料会員も閲覧可)
→ログインした状態で続きを読む

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 消化器内科 2名、呼吸器内科・循環器内科・腎臓内科医(泌尿器科)・消化器外科・整形外科 各1名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。医療から介護までの医療設備等環境は整いました。
令和4年4月1日より脳神経外科及び一般外科医の先生に常勤医師として勤務していただくことになりました。消化器内科医、呼吸器内科医、循環器内科医及び外科部門で消化器外科医、整形外科医の先生に常勤医師として勤務していただき地域に信頼される病院を目指し歩んでいただける先生をお待ちしております。
又、地域から強い要望がありました透析業務を令和2年4月から開始いたしました。透析数25床の能力を有しています。15床から開始いたしましたが、近隣から増床の要望がありお応えしたいと考えますが、そのためには腎臓内科(泌尿器科医)先生の勤務が必要不可欠です。お待ちいたしております。

もっと見る

関連物件情報

page top