株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

緑内障─プロスタグランジン(PG)製剤[頻用薬 処方の作法(51)]

No.4961 (2019年05月25日発行) P.12

藤村昭夫 (自治医科大学名誉教授・ 巨樹の会学術顧問)

登録日: 2019-05-28

最終更新日: 2019-05-22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

臨床薬理学的特徴(表)

■主にプロストン系薬物(1種類)とプロスト系薬物(4種類)が緑内障の治療に用いられている。
■プロスト系薬物の点眼回数は1日1回,一方,プロストン系薬物の点眼回数は1日2回である。
■いずれの薬物も,点眼後に全身的に吸収され,血中に出現する。

 

プレミアム会員向けコンテンツです(期間限定で無料会員も閲覧可)
→ログインした状態で続きを読む

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

関連求人情報

関連物件情報

もっと見る

page top