株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

皮膚科典型アトラス560

知っておきたい皮膚疾患が豊富なアトラスでビジュアルに学べる!

定価:4,950円
(本体4,500円+税)

数量

カートに入れる

編著: 古川 福実(和歌山県立医科大学皮膚科教授)
判型: B5判
頁数: 176頁
装丁: カラー
発行日: 2008年12月10日
ISBN: 978-4-7849-5180-2
版数: 第1版
付録: -

・知っておきたい皮膚疾患を、560点に及ぶ鮮明なカラーアトラスでビジュアルに解説!シェーマも充実。
・通読できる分量に収め、かつ難解な疾患名や分類でつまずかず、初学者でも皮膚病態の面白さを知ることができるように配慮しました。
・新しい疾患分類等にも触れており、卒後生涯教育にもお勧めです。

診療科: 皮膚科 皮膚科

目次

総 論

疾患各論
1.アトピー性皮膚炎
2.接触皮膚炎
3.湿疹・皮膚炎群
4.蕁麻疹、血管性浮腫
5.紅斑症と好中球性皮膚疾患など
6.薬 疹
7.紫斑・血管炎
8.膠原病
9.物理化学的皮膚障害・光線過敏症
10.遺伝性水疱症・自己免疫性水疱症
11.乾癬、扁平苔癬、掌蹠膿疱症
12.肉芽腫
13.毛包脂腺系疾患
14.良性腫瘍
15.悪性腫瘍
16.色素細胞による良性・悪性腫瘍
17.色素異常症
18.皮膚悪性リンパ腫
19.ウイルス性皮膚疾患
20.細菌性皮膚疾患
21.皮膚真菌症
22.性感染症
23.遺伝性皮膚疾患

付録 爪の病変

もっと見る

閉じる

序文


皮膚は生体の最外表にあり、生物学的営みの上から重要な臓器となっています。一方で、整容的にも他人の視線に日々曝されており、皮膚の性状の変化が精神的に影響をもたらします。わずかなニキビで、自殺を図る人がいます。わずかに赤み(発赤)がなくなったことで、笑顔と自信がよみがえる人がいます。時に悲しく、時にうれしく、時に恥ずかしく、時に晴れがましく。この変化が、なぜか皮膚の性状にも微細な変化をもたらすのです。このような皮膚の状態をサイエンスするのが皮膚科学です。

皮膚科学はプライマリ・ケア
機械・検査に偏重しがちな現在の医療にあって、人間としての患者に直接密着した皮膚科学こそ、プライマリ・ケアの第一線です。すべての臨床医に必要な、患者をよくみること、患者に触れること、そして肉眼的な所見とその病理組織学的な病態とを関連づけて考えることを、皮膚科学は教えてくれます。

皮膚科学は難しくない
専門分野の一つとしての皮膚科学には難解な病名も多いし、漢字も難しい。しかし、皮膚の構造・機能はきわめて多岐にわたっており、未知のものに満ちた人間の身体を、直接目で見、手で触れることができるがゆえに、詳細な観察に基づいて疾患の種類・分類が細かくなったのです。皮膚科学の本当の面白味は、皮膚について、皮膚疾患についてよく考えることによって得られるはずです。

本書は、もともと月刊juniorに連載されたシリーズに、書き下ろしを加えてまとめたものです。560点に及ぶ写真やシェーマを盛り込んで視覚に訴える構成にしました。書き下ろしにより医師国家試験出題範囲の大半も押さえています。本書は疾患を羅列することを目的としたものではなく、初学者にも皮膚の病態の面白さを知ってもらえるように企画したものです。新しい疾患分類などにも触れていますので、卒後生涯教育の一助としてもお役立て頂ければ幸いです。
この目的がどの程度達成されたかは不明ですが、一人でも多くの読者の方に、皮膚科のイマジネーションを高めてほしいと念じております。

多忙な中、執筆して下さった皮膚科の先達の皆様に感謝します。また、本書をまとめるに当たり、著作を通して有形無形のアドバイスを賜った恩師、故・山田瑞穂先生(浜松医大名誉教授)に心から御礼を申し上げたい。

2008年10月
編者 古川福実

もっと見る

閉じる

レビュー

自著紹介

古川福実/和歌山医大教授
皮膚は生体の最外表にあって、生物学的営みの上から重要な臓器となっています。一方、整容的にも他人の視線に日々曝されており、皮膚の性状の変化が精神的に影響をもたらし、また精神的な変化が、皮膚の性状にも微細な変化をもたらします。このような皮膚の状態をサイエンスするのが皮膚科学です。機械・検査に偏重しがちな現在の医療にあって、人間としての患者に直接密着した皮膚科学こそプライマリ・ケアの第一線であるといえます。すべての臨床医に必要な、患者をよくみること、患者に触れること、肉眼的所見と病理組織学的な病態を関連づけて考えることを、皮膚科学は教えてくれます。
皮膚科学には難解な病名も多いのですが、本書は疾患の羅列を目的としたものではなく、560点以上の豊富なアトラスを中心に据え、初学者にも皮膚の病態の面白さを知ってもらえるように企画しました。一人でも多くの方に皮膚科のイマジネーションを高めて頂ければ幸いです。

もっと見る

閉じる

関連書籍

関連記事・論文

もっと見る

関連求人情報

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top