株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

季節の救急─Seasonal Emergency Medicine【電子版付】

鑑別疾患の引き出しを増やし、季節性を知れば、マネジメントが大きく変わる!

定価:5,400円
(本体5,000円+税)

数量

カートに入れる

立ち読み

著: 山本基佳(相澤病院 救命救急センター 副センター長/卒後臨床研修センター 副センター長)
判型: A5判
頁数: 464頁
装丁: カラー
発行日: 2018年09月20日
ISBN: 978-4-7849-4607-5
版数: 第1版
付録: 電子版閲覧用シリアルナンバー(巻末綴じ込み)

【電子版配信中】

DLmarketで購入
※PDF+HTMLのハイブリッド版

  • ER診療を「季節」の観点から捉えた1冊。コモンなものから比較的稀なものまで、ERで遭遇しうる疾患を集めて解説しました。
  • 例えば「けいれん+意識障害」。頭蓋内疾患・てんかん・低血糖が鑑別に挙がりますが夏には熱中症秋には銀杏中毒冬には一酸化炭素中毒+シアン中毒が鑑別の上位に加わります。「季節」というスパイスを加えるとその後のマネジメントが大きく変わる─。そんな疾患を集めました。
  • 冒頭に「最重要ポイント」を提示。以降「キーポイントコレクション(日常臨床への直結点)」「本疾患がなぜ重要か」「病態・所見・診断(診断で役立つ知識)」「治療・方針(ERでどこまで行うべきか)」「その他の重要事項(鑑別疾患・ピットフォールなど)」で構成されています。
  • 当直の夜に先輩から聞くような楽しい雑学も随所に登場。
診療科: 救命救急 救命救急

目次

● 春の救急 ●
1.虫
(1)アナフィラキシー
(2)虫による刺咬症
2.ハチとハチミツ
(3)ハチ刺され
(4)ボツリヌス
(5)グラヤノトキシン
3.アルコール中毒
(6)飲み過ぎ
(7)beer potomania
(8)コバルト中毒
(9)メタノール中毒
(10)エチレングリコール中毒
4.ホタルイカ
(11)旋尾線虫


● 夏の救急 ●
1.アジサイ
(12)アジサイ中毒
(13)アマチャ中毒
2.カタツムリ
(14)広東住血線虫
3.炎天
(15)熱中症
(16)紫外線と日焼け
4.登山
(17)高山病
(18)山岳遭難
5.海水浴
(19)溺水
(20)クラゲ刺傷
(21)シガテラ
(22)その他の魚類中毒


● 秋の救急 ●
1.ぎんなん
(23)ぎんなん中毒
2.サバ
(24)真のサバアレルギー
(25)偽のサバアレルギー
(26)アニサキス
3.きのこ
(27)きのこ中毒
4.柿
(28)柿(転落外傷)
(29)柿による食餌性腸閉塞
5.冬眠前
(30)クマ外傷
(31)動物咬傷
(32)破傷風


● 冬の救急 ●
1.暖房器具
(33)低体温
(34)凍傷
(35)紫外線角膜炎(電気性眼炎,雪眼)
2.火の用心
(36)熱傷
(37)一酸化炭素中毒
(38)シアン中毒
(39)火事場からの搬送
3.冬の旬
(40)餅による窒息
(41)フグ中毒

索引

もっと見る

閉じる

序文

24時間365日フル稼働しているERでは,毎日様々な主訴の患者さんに対応しなければなりません。目の前の患者さんが,日常的に鑑別疾患として挙がる疾患(common disease)だけならよいのですが,比較的稀なものについては知っておかないとそもそも鑑別診断に挙げることもできません。たとえば「けいれん+意識障害」を主訴に救急搬送された人をみたら,普段は頭蓋内疾患,てんかん,低血糖などが鑑別疾患として挙がります。しかし,ここで「季節性」という観点から主訴を見直してみると,夏には「熱中症」が,秋には「ぎんなん中毒」が,冬であれば火災による「一酸化炭素中毒」や「シアン中毒」が鑑別疾患の上位に加わります。この中で熱中症は比較的診断しやすいですが,ぎんなん中毒,一酸化炭素中毒やシアン中毒などは知っていてもそのときに浮かばなければお手上げでしょう。これはほんの一例ですが,「季節」というスパイスを加えただけでその後のマネジメントが大きく変わることがあるのです。
十数年前と比べると,最近はERや総合診療に関心がもたれ,その分野の様々な教科書や参考書が出版されていますし,海外の訳書も多いです。しかし本書は,豊かな四季を持つ日本ならではの「季節」という視点からER診療を俯瞰する,まったく新しい観点の参考書になるのではないかと思います。季節の救急が皆様の日常診療の一助になり,ひとりでも多くの患者さんのお役に立てることを心より願っています。

もっと見る

閉じる

関連書籍

もっと見る

関連記事・論文

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top