株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

夜尿症

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
金子一成 (関西医科大学小児科主任教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    5歳を過ぎて月1回以上の頻度で,少なくとも3カ月以上連続して夜間睡眠中の尿失禁を認めるものを夜尿症(nocturnal enuresis)と言う。有病率は5歳児で20%,その後1年ごとに15%ずつ治癒し,成人では1%未満となる。

    発達過程にある小児において,覚醒障害を基盤として抗利尿ホルモン(anti-diuretic hormone:ADH)の日内変動の欠如や排尿機構発達の遅れが加わり,睡眠中の尿失禁を生じると考えられている1)

    従来重要視されていた,幼少時の療育歴,本人や家族の性格などの心理的要因は副次的要因にすぎない。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    夜間睡眠中の尿失禁である。

    【検査所見】

    夜尿の有無は夜間尿量と膀胱容量のバランスで決まる。すなわち,夜間尿量が多くても膀胱容量がそれを上回れば夜尿は認められない。また,膀胱容量が小さくても夜間尿量がそれ以下であれば夜尿はみられない。そこで,夜間尿量と膀胱容量のバランスから,夜間尿量の多い型(多尿型,多量遺尿型),膀胱容量の少ない型(膀胱型,排尿機能未熟型)と両者がみられる型(混合型),およびいずれにも該当しない正常型に分類される(表1)。

    22_59_夜尿症

    病型は,夜間尿量,尿浸透圧や尿比重および機能的最大膀胱容量に基づいて診断するため,2週間自宅で夜間尿量*1と機能的最大膀胱容量*2の測定を行わせ日誌に記録させる。

    *1:夜尿をした日の使用前後のオムツの重量差+起床時排尿量

    *2:覚醒中に精一杯がまんした上で排尿した際の1回排尿量

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top