株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

デュピュイトラン拘縮

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-06-20
栗本 秀 (名古屋大学大学院医学系研究科個別化医療技術開発講座(手の外科学)特任講師)
平田 仁 (名古屋大学大学院医学系研究科運動・形態外科学手の外科学教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    手掌および指の腱膜を中心とした肥厚により,罹患指の伸展制限が生じる。

    主に手掌から尺側指の掌側に無痛性の拘縮索を触れる。

    中年以降の男性の罹患が多い。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    初期には手掌部に結節や凹みを形成し,一過性の痛みを伴うことがある。病態の進行とともに拘縮索を形成し,罹患指の中手指節間関節(MP関節)および近位指節間関節(PIP関節)は他動的にも伸展制限を生じる。遠位指節間関節(DIP関節)の罹患は少ないが,過伸展変形を起こすことがある。環指や小指の尺側指の罹患頻度が高いが,母指,第1指間,示指,中指にも発生する。

    手指の伸展制限により大きな物の把持,洗顔や拍手などの日常生活動作が困難となる。

    【検査所見】

    診断は,MRIなどの画像検査や組織生検によらず,身体所見により可能である。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top