株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

尋常性白斑

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
鈴木民夫 (山形大学医学部皮膚科学講座教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    尋常性白斑(vitiligo)は,白斑を特徴とする後天性進行性難治性疾患である。色素異常症の中で最も頻度の高い疾患であり,多くの民族においておおよそ0.5~1%の発症頻度である1)。男女差はなく2),約半数は20歳代より発症する。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    白斑は痛みや痒みを伴うことなく,しだいに拡大,増加,融合する。病初期は不完全脱色素斑を呈するため,時に脱色素性母斑等と鑑別を要することがある。しかし,白斑は進行性に完全脱色素斑に移行し,しばしば周囲に色素増強を伴う。ほぼ全身に脱色素斑が生じた場合,色素沈着が残存する色素増強部位のみが目立つこともある。発症はすべての年齢でみられる。

    臨床病型分類として皮膚分節に沿って白斑がみられる分節型(図1)と,神経支配領域と関係なく生じる非分節型(汎発型や全身型を含む)(図2),そして混合型に分けられる。

    14_61_尋常性白斑

    【検査所見】

    皮膚生検による組織学的検索では,表皮メラノサイトの消失を特徴とする。また,橋本病,膠原病および膠原病類縁疾患,糖尿病,重症貧血,アジソン病,円形脱毛症の合併率が高いことが知られている。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top