株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

口腔カンジダ

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-21
畑 康樹 (済生会横浜市東部病院皮膚科部長)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    口腔カンジダはカンジダ症の中でも,皮膚カンジダの間擦疹,指間びらん症についで多い疾患である。カンジダについては皮膚カンジダの項に詳しく記載したので,そちらを参考にされてから読まれることをお勧めする(「§14-52」参照)。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    臨床的には急性偽膜性カンジダ症,慢性肥厚性カンジダ症,萎縮性カンジダ症,慢性粘膜皮膚カンジダ症に分類される。

    症状としては疼痛,味覚異常(酸味や苦味など)や粘膜違和感(ざらざら,ぬるぬるなど)を訴えることが多い。

    急性偽膜性カンジダ症が最も多くみられ,舌や頬粘膜に剥がれやすい白苔を付着し,剥がすとその下は発赤している()。健康な乳幼児でもみられることもあり,寝たきり患者や高齢者では本人が自覚していない場合もあるが,糖尿病や抗がん剤,副腎皮質ホルモンの使用時に発症しやすい。

    14_53_口腔カンジダ

    病変が広範囲な場合にはAIDSを疑う必要があり,本症に続発する食道カンジダ症はAIDS診断のための指標疾患となっている。

    慢性肥厚性カンジダ症は白色の肥厚性病変が多いが,時に肉芽腫様の臨床像を呈することもあり,好発部位は口角に近い頬粘膜ならびに舌である。

    慢性萎縮性(紅斑)カンジダ症は粘膜の萎縮を伴う紅斑性病変で,義歯装着者に多くみられることから義歯性カンジダ症とも呼ばれる。

    慢性粘膜皮膚カンジダ症はカンジダ特異的な細胞性免疫不全を有する患者に生じ,内分泌異常を伴うことが多い。

    【検査所見】

    口腔カンジダの診断においても最も重要な検査は直接鏡検であり,培養陽性のみでは粘膜の常在菌であるため診断の根拠にはならず,菌糸形の発育形態を証明することが必要である。多数の胞子集団と少数の仮性菌糸が認められる。

    慢性肥厚性カンジダ症,萎縮性カンジダ症では直接鏡検を行うのに検体採取が困難な例もあり,培養検査を加味しつつ,口腔外科領域などでは臨床症状などから総合的に判断されていることも多いようである。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top