株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

ジベルバラ色粃糠疹

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
本間 大 (旭川医科大学医学部皮膚科学講座准教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    ジベルバラ色粃糠疹〔pityriasis rosea(Gibert):PR〕は,主に10~40歳代を好発年齢とし,体幹を中心に爪甲大の淡紅色紅斑が多発性散在性に分布する皮膚疾患で,かゆみなどの自覚症状はないか,軽度なことが多い。通常,頭頸部・四肢末梢部は侵されず,発熱や臓器障害などの全身症状は伴わない。

    現在のところ原因は明らかでないが,ヒトヘルペスウイルス-6/7型やH1N1型インフルエンザウイルス感染などとの関連性が示唆されている。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    やや大型で単発の孤立性類円形淡紅色局面を初発とする。この初発疹よりやや小さく,母指頭大までの粃糠様の鱗屑を付着するほぼ均一な淡紅色丘疹~局面が,顔面,頭部を除く体幹から四肢近位部に,急速に増数・増大する。

    皮疹は皮膚割線方向に長軸をとる類円形で,針葉樹の枝に飾り付けられたオーナメントを模するように分布することから,クリスマスツリー様配列と表現される。

    半数以上の症例で単発,時に数個の周囲を縁取るように細かい鱗屑を付着する境界明瞭な類円形紅斑,すなわちherald patchと呼ばれる初発疹(もしくは原発疹)が,主に体幹から四肢近位部に先行して出現する。

    初発疹出現の1~2週間後に続発疹である播種性の紅色丘疹が出現,急速に爪甲大にまで拡大する。実際にはこの時点で医療機関を受診することが多い。

    通常,そう痒などの自覚症状は軽度である。

    【検査所見】

    特徴的な経過,皮疹の分布などから典型例では診断は容易である。

    通常,血液検査で異常はない。

    病理組織学的には表皮の部分的な海綿状態,錯角化,真皮浅層の血管周囲性のリンパ球主体の炎症細胞浸潤,赤血球の血管外漏出などがみられる。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top