株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

皮脂欠乏性湿疹・貨幣状湿疹

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
石黒直子 (東京女子医科大学医学部皮膚科学准教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    皮膚の乾燥した状態が皮脂欠乏症で,湿疹性病変を伴う場合を皮脂欠乏性湿疹という。下腿が好発部位である。湿度の低下する冬季に多く,加齢に伴う保湿能の低下から高齢者に多い。

    貨幣状湿疹は下腿を好発部位とし,貨幣状の湿疹性病変を呈するのが特徴。中高年でみられる貨幣状湿疹は皮脂欠乏症に伴うことが多い。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    皮脂欠乏性湿疹:乾燥による皮膚の粗造化,鱗屑の付着から始まる。亀甲紋様の亀裂と紅斑を伴う。

    貨幣状湿疹:漿液性丘疹や水疱形成で始まる。融合してコイン大前後で類円形のびらんを伴う湿潤傾向の強い紅斑を形成。乾燥してくると鱗屑を伴う紅褐色斑を呈する。下腿が多く,四肢や躯幹に拡大することもある。

    両者とも一般的にそう痒は強い。

    【検査所見】

    一般的には血算,生化学,CRPには異常なし。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top