株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

ラッサ熱

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
西條政幸 (国立感染症研究所ウイルス第一部長)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    ラッサ熱はアレナウイルス科アレナウイルス属に分類されるラッサウイルスによる全身感染症であり,ウイルス性出血熱の1つに分類される。

    ラッサウイルスの宿主は中央~西アフリカに分布するげっ歯類(Mastomys natalensis)である。

    流行地以外の地域で発生したラッサ熱患者数はウイルス性出血熱の中では最も多い。

    輸入感染例としてのラッサ熱患者が確認されている地域は主にヨーロッパであるが,1987年に日本でもラッサ熱輸入感染事例が報告されている。

    ラッサウイルスが病原体である。潜伏期間は5~21日である。ヒトはラッサウイルスが含まれる感染宿主の尿や体液を経気道経路で吸入することにより感染する。患者血液や体液には感染性ラッサウイルスが含まれるため,直接的接触によりヒトからヒトに感染する場合がある。性行為を介して感染する事例も報告されている。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    主な症状は,発熱,倦怠感,筋肉痛,腹痛,嘔吐,下痢,咽頭炎症状,胸骨背部痛,咳,結膜炎症状,顔面浮腫,出血(紫斑),意識障害であり,後遺症として難聴を残すことがある。口腔内や喉咽頭に潰瘍性病変が出現することがある。約30%のラッサ熱患者で出血症状が出現する。妊婦がラッサウイルスに感染した場合には重症化することが多く,また,胎児の予後は不良である。

    【検査所見】

    末梢血液検査において,白血球減少と血小板減少が認められることが多い。多くの場合CRPは陰性である。尿検査で尿蛋白陽性,潜血陽性を示すことが多い。肝機能酵素(ALT,AST,LDH)の上昇が認められ,さらに腎機能が障害されていることが多い。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top