株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

低リン血症

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
濵田康弘 (徳島大学大学院医歯薬学研究部疾患治療栄養学分野教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    血清リン(P)濃度の基準値は年齢によって変化するが,成人では2.5mg/dL未満であれば低P血症である。

    血清P濃度1.5mg/dL未満のものを高度の低P血症と呼び,特に注意が必要である。

    発症機序としては,①細胞内や骨へのPの移動,②腸管での吸収低下,③尿中への排泄増加,のいずれかを考える必要があるが,必ずしも単独の機序ではなくいくつか重なって生じることも多い。

    通常の食事でPが不足することはないが,慢性下痢や慢性アルコール中毒などでは低P血症になることがある。

    血清P値の調節に大きく関わるのは,副甲状腺ホルモン,活性型ビタミンD,線維芽細胞増殖因子(fibroblast growth factor 23:FGF-23)である。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    軽度~中等度(血清P濃度1.5~2.5mg/dL程度):直ちに臓器障害をきたすことはない。ただし長期間持続する場合は骨の石灰化を障害し,小児ではくる病,成人では骨軟化症の原因となる。

    高度(血清P値1.5mg/dL未満):赤血球の2, 3-ジホスホグリセリン酸(2,3-DPG)レベルの低下による赤血球からの酸素放出低下,および細胞内でのアデノシン三リン酸(ATP)レベルの低下により,組織低酸素症が引き起こされる。そのため,代謝性脳症,近位筋力低下,横紋筋融解症,イレウス,心不全,呼吸不全,溶血などを起こす可能性がある。

    【検査所見】

    血清P濃度は年齢によって基準値が変化するが,成人では2.5mg/dL未満であれば低P血症である。ただし,食後には細胞内移行により血清P値が一過性に低下することが多く注意を要する。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top