株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

大腸癌

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-30
石原聡一郎 (東京大学腫瘍外科講師)
渡邉聡明 (東京大学腫瘍外科・血管外科教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    大腸癌(colon cancer)は,部位別癌死亡率において,男性では3位,女性においては1位となっている。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    血便,排便習慣の変化(便秘,下痢など),腹痛,便柱の狭小化などが代表的である。

    初期の段階では比較的症状が出にくい。進行癌が穿孔して腹膜炎を生じたり,腸閉塞を生じたりして初めて診断される場合も少なくない。

    【検査所見】

    大腸内視鏡検査における腫瘍からの生検の病理検査によって確定診断を行う。

    大腸内視鏡検査,注腸造影検査,胸部単純X線検査,腹部超音波検査,CT検査,場合によってはMRI検査やPET検査によって,深達度,リンパ節転移の有無,遠隔転移の有無を診断し,病期を決定する。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top