株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

妊娠高血圧症候群の管理と降圧薬の使い方

登録日:
2019-06-26
最終更新日:
2019-06-26

監修:齋藤 滋(富山大学医学薬学研究部産科婦人科学教室教授)

■監修のことば

2018年に妊娠高血圧症候群の病型分類改訂が行われ,従来含まれなかった高血圧合併妊娠が妊娠高血圧症候群の1つの病型となり,英語表記もpregnancy induced hypertension(PIH)から,hypertensive disorders of pregnancy(HDP)に変更された。このため,これまで以上に内科医と産婦人科医が協力し合いながら,HDP症例を管理していく機会が多くなる。新しい分類と妊娠中の管理法,降圧薬の使い方につき,3名の先生方に執筆していただいたので,参考にして頂きたい。

■目次

1 新しい妊娠高血圧症候群の定義と病型分類の考え方
渡辺員支(愛知医科大学周産期母子医療センター特任教授)

2 妊娠高血圧症候群の管理(病型分類ごと)
松原圭一(愛媛大学大学院医学系研究科/地域小児・周産期学講座教授)

3 妊娠高血圧症候群への降圧薬の使い方
目時弘仁(東北医科薬科大学医学部衛生学・公衆衛生学教室教授)

このコンテンツはプレミアム(有料)会員限定コンテンツです。

Webコンテンツサービスについて

ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
Web医事新報の有料会員向けコンテンツを読みたい サービス一覧へ
本コンテンツ以外のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

関連記事・論文

page top