株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

【コラム】上顎洞穿刺・洗浄 [特集:今、話題になっていること ─耳鼻咽喉科編]

No.4846 (2017年03月11日発行) P.39

朝子幹也 (関西医科大学総合医療センター耳鼻咽喉科・頭頸部外科教授)

登録日: 2017-03-10

最終更新日: 2017-03-08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • next
  • 過去の排膿・洗浄用機器

    抗菌薬の普及が不十分で感染性疾患の制御において,外科的手技が重要な意味を持つ時代において穿刺排膿は,重要な治療方法であった。
    広く一般的に行われていた上顎洞穿刺の方法として,シュミット探膿針(図1)を用いた方法がある。下鼻道から上顎洞内へ穿刺して排膿,洗浄,抗菌薬の局所投与を行う穿刺法である。かつては耳鼻咽喉科で広く一般的に行われていた処置であるが,穿刺の際の副損傷やトラブルもあり,近年ではあまり行われなくなってきている。



    1991年,故熊澤忠躬関西医科大学教授がロシアのヤロスラブリ医科大学よりわが国へ導入したYAMIK副鼻腔炎治療用カテーテル1)は,副鼻腔洗浄用デバイスとして有用であった。このデバイスは後鼻孔,前鼻孔を2つのバルーンで密閉し,中央の処置用カテーテルで加減圧して副鼻腔からの膿汁排泄を促し,薬液を投与するというものであった。原理的にプレッツ(Proetz)置換法に基づいている。保険収載されているが,現在このカテーテルは生産されていない。

    残り736文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

  • next
  • 関連記事・論文

    関連書籍

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    もっと見る

    page top