株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

発熱と咳嗽を訴えた47歳男性 [キーフレーズで読み解く 外来診断学(108)]

No.4764 (2015年08月15日発行) P.1

監修: 生坂政臣 (千葉大学医学部附属病院 総合診療部)

鈴木慎吾 (千葉大学医学部附属病院 総合診療部)

池上亜希子 (千葉大学医学部附属病院 総合診療部)

廣田悠祐 (千葉大学医学部附属病院 総合診療部)

大平善之 (千葉大学医学部附属病院 総合診療部)

登録日: 2016-09-08

最終更新日: 2017-02-14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 3週前から38℃台の発熱と乾性咳嗽が出現した。抗菌薬で改善せず,胸部CT(図1)を含めた精査を行うも原因が特定されないため当部を紹介受診した。

    既往歴,家族歴に特記事項なく,喫煙は20本/日。

    体温37.3℃,脈拍102回/分,血圧120/80 mmHg,呼吸数14回/分。輪状軟骨より尾側の気管に圧痛がある。胸腹部,四肢に異常を認めない。

    血液検査ではWBC 11900/μL,CRP 13.7mg/dL以外は正常範囲。


    研修医の診断:亜急性甲状腺炎

    残り478文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連物件情報

    page top