株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

大建中湯は腸閉塞再発予防に有効?【長期投与に関する明確なエビデンスこそないが,経験的に再発の減少へ寄与している】

No.4782 (2015年12月19日発行) P.65

犬塚 央 (ももち東洋クリニック院長/飯塚病院漢方診療科)

登録日: 2015-12-19

最終更新日: 2018-11-27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【Q】

開腹術後に腸閉塞の既往がある場合,再発予防の目的で大建中湯が長期投与されているのを散見します。長期内服のデメリットよりも再発予防のメリットのほうが大きいと考えますが,周術期ではなく,容態が安定している時期において,大建中湯が腸閉塞の再発を予防することを示す具体的な知見をご教示下さい。 (埼玉県 S)

【A】

大建中湯は,人参,乾姜,山椒,膠飴の4つの生薬からなる漢方薬です。胃腸を温めて機能を高めることで消化管の蠕動を整え,消化吸収を促進し,お腹の張りや痛み,下痢や便秘などを解消します。使用目標については,原典の『金匱要略』に「お腹が冷えて痛み,嘔気のため飲食ができず,腹の中がウネウネと動き,痛みが激しく手を触れることもできないようなもの」と,イレウスにみられるような症状が記載されています。
大建中湯のイレウスに対する有効性については,術後早期の予防的投与と発症時の保存的治療においては確認されていますが,今のところ長期投与が有効という明確なエビデンスはありません(漢方治療が個人の体質を基準にすることも関係しているかもしれません)。ただ,腸管癒着形成抑制作用(文献1) ,消化管運動亢進作用(文献2) ,門脈血流増加作用(文献3) ,消化管ホルモン分泌促進作用(文献4) などが確認されており,イレウスの再発を繰り返す場合,試みてもよい方法かと思います。実際に大建中湯を使うことで,再発が減ることはよく経験することです。術後でなくても,たとえば,子宮内膜症による癒着があり,しばしばお腹が冷えて腹痛を訴える患者に使ってみたところ,痛みがなくなったという例もあります。発症に腹部の冷えが関連しているのであれば,安定している時期にも使用することは,理にかなっていることであると思います。
そのほか,養生も大切です。大建中湯が適応となるような患者さんには,日頃から冷たいものを摂りすぎないよう指導しておく必要があります。
注意点として,大建中湯に含まれる生薬の乾姜と山椒は,温める力の強い「熱薬」であるため,体に熱のこもった「熱証」タイプに投与すると効果がないばかりか,口内炎や胃痛,食欲低下などをきたすことがあります。投与する際は,冷え症であること(例:寒がり,冷房が苦手,長湯を好むなど)のほか,お腹を触ると冷たい,冷えてお腹が痛くなる,下痢をする,温めると痛みが緩和する,といったことを確認すれば,より確実で効果も上がります。
補足ですが,お腹の張りが強い場合,桂枝加芍薬湯を加えるとより効果的です。

【文献】


1) Kono T, et al:J Crohns Colitis. 2010;4(2):161-70.
2) Akamaru Y, et al:J Gastrointest Surg. 2015;19(3):467-72.
3) Ogasawara T, et al:Hepatogastroenterology. 2008;55(82-83):574-7.
4) Nagano T, et al:Biol Pharm Bull. 1999;22(10):1131-3.

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

もっと見る

関連物件情報

page top