株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

聴力障害[私の治療]

No.5062 (2021年05月01日発行) P.53

羽生 昇 (国家公務員共済組合連合会立川病院耳鼻咽喉科部長事務代行)

登録日: 2021-04-30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • まず発症経緯を聴取し,聴力障害の原因検索を優先する。耳痛,めまい等を伴う場合は対症療法が必要であるが,聴力障害に対する緊急性は低く,翌日の専門医受診で対応可能なことが多い。

    ▶病歴聴取のポイント

    患者背景:年齢,性別,生活環境,聴力障害既往の有無は診断のヒントになる。

    発症経緯:いつ,どこで,何をしているときに発症したか聴取する。

    持続時間:症状が持続的か,断続的か,一過性かを聴取する。

    合併症状:聴力障害のほかに,耳痛,めまい,耳鳴,耳閉感,鼻炎の症状がないか聴取する。

    ▶バイタルサイン・身体診察のポイント

    【バイタル】

    中耳炎による発熱,めまい,嘔気を伴う場合の血圧上昇を除き,バイタルサインには問題がないことが多い。

    【身体診察】

    外耳および鼓膜の所見が最重要である。鼓膜の観察には拡大耳鏡を使用するとよい。内耳の観察は不可能である。
    外耳疾患や耳垢栓塞,急性中耳炎の診断は容易である。めまいを伴う場合は眼振所見(「めまい」の稿参照)も診断の参考になる。

    残り1,308文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    関連書籍

    もっと見る

    関連物件情報

    page top