株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

側頸囊胞? リンパ管奇形? それとも……[画像診断道場~実はこうだった(183)]

No.5061 (2021年04月24日発行) P.1

馬場 亮 (東京慈恵会医科大学放射線医学)

結束 寿 (東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科学)

尾尻博也 (東京慈恵会医科大学教授)

登録日: 2021-04-22

最終更新日: 2021-04-21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

50歳代,男性
現病歴:9カ月前より右側頸部に腫瘤を自覚し,増加傾向を認めたため他院受診。精査目的にて当院を受診した。穿刺吸引細胞診はclass Ⅱ(良性)の診断であった。
既往歴・家族歴:特記事項なし。
重飲酒歴,重喫煙歴なし。
臨床所見:右側頸部皮下に弾性硬の腫瘤性病変を触知。咽喉頭に明らかな異常なし。
検査所見:WBC 5400/μL,RBC 447×104/μL,Hb 14.5g/dL,Ht 43.9%,PLT 33.5×104/μL,CRP 0.05mg/dL

プレミアム会員向けコンテンツです(最新の記事のみ無料会員も閲覧可)
→ログインした状態で続きを読む

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

もっと見る

関連物件情報

page top