株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

最近の頭蓋底手術のトピックスは?

No.5026 (2020年08月22日発行) P.46

宮地 茂  (愛知医科大学脳神経外科学講座主任教授)

鰐渕昌彦  (大阪医科大学脳神経外科教授)

登録日: 2020-08-20

最終更新日: 2021-01-07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 頭蓋底手術において,モニタリングや外視鏡を用いた新しい手術法が進歩してきました。今のトレンドは何でしょうか。
    大阪医科大学・鰐渕昌彦先生にご解説をお願いします。

    【質問者】

    宮地 茂 愛知医科大学脳神経外科学講座主任教授


    【回答】

    【神経内視鏡手術の発展と外視鏡の導入】

    頭蓋底は頭蓋冠と対極の用語であり,文字通り「頭蓋の“底”」を指します。脳深部に発生する頭蓋底腫瘍は,神経や血管を巻き込みながら発育するため摘出が難しく,病変への到達も困難です。頭蓋底手術は,深部の骨隆起を削除して,狭く深い術野を極力広く浅くしようとするもので,本手術手技を用いることにより,死角が少なく脳の圧排を最小限とする術野が得られます。

    頭蓋底手術を行うためには,詳細な解剖の知識と正確な骨削除操作が要求されます。1980年代後半から1990年代にかけて微小解剖の研究が進み,脳深部へ安全に到達する方法も多数報告されるようになりました。これに脳神経や神経線維を電気的に同定する神経モニタリングを併用することで,神経機能を温存した腫瘍摘出が可能となり,手術成績も向上しました。頻用されるのは,視神経,顔面神経,内耳神経,迷走神経,錐体路などのモニタリングです。

    手術をする際,今までは主に顕微鏡を使用していましたが,2000年代後半からは内視鏡,2019年からは外視鏡が導入されはじめています。本稿ではこの2つについて紹介します。

    残り764文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    公立小浜温泉病院

    勤務形態: 常勤
    募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
    勤務地: 長崎県雲仙市

    公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
    2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
    3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

    当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
    医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
    また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

    もっと見る

    関連物件情報

    page top