株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

卵巣境界悪性腫瘍におけるMRI所見

No.5014 (2020年05月30日発行) P.49

山下詠子  (武蔵野赤十字病院放射線科)

登録日: 2020-05-27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【卵巣癌との鑑別点を中心に】

卵巣腫瘍の60%が上皮性腫瘍で,ほとんどは良性病変である。境界悪性腫瘍は卵巣腫瘍の15~20%で,若年者に多く予後は良いとされているが,充実部の存在から悪性腫瘍との鑑別に苦慮することがある。

一般的に,卵巣腫瘍における良悪性の鑑別に際して,軟部コントラストに優れたMRIの果たす役割は大きい。腫瘍径が大きく4cm以上で両側性,充実部を主体とし,乳頭状の壁在結節を伴って増強効果がみられる場合,悪性腫瘍が示唆される1)

一方,境界悪性腫瘍では,囊胞のみか囊胞成分が主体で,充実部と囊胞との境界は明瞭で,充実部の形状は多彩で乳頭状,結節状,分枝状の場合や,乳頭状病変が外方性に発育する場合も知られている2)

悪性腫瘍と境界悪性腫瘍の鑑別点として,拡散強調画像で得られるADC(apparent diffusion coefficient)値の最小値と腫瘍径の最大値が有用とされ,境界悪性腫瘍における充実部の最小ADC値は1.91±0.81×10−3mm2/秒,サイズの最大径は29.2±21.3mm,悪性腫瘍では1.05±0.54×10−3mm2/秒と51.4±33.4mmの結果が報告されている3)
充実部の形状や増強効果のみならず,ADC値の組み合わせも鑑別のポイントとなる可能性が示された。

【文献】

1) Bazot M, et al:Eur Radiol. 2006;16(12):2687-99.

2) Li YA, et al:Eur J Radiol. 2018;98:136-42.

3) Denewar FA, et al:Eur J Radiol. 2017;91:116-23.

【解説】

山下詠子 武蔵野赤十字病院放射線科

関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

関連物件情報

もっと見る

page top