株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

シラミ症[私の治療]

No.4996 (2020年01月25日発行) P.49

山口さやか (琉球大学大学院医学研究科皮膚科学講座講師)

高橋健造 (琉球大学大学院医学研究科皮膚科学講座教授)

登録日: 2020-01-23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • ヒトに病原性を示すシラミは,アタマジラミ,ケジラミ,コロモジラミの3種類あり,アタマジラミは頭髪のみ,コロモジラミは衣服に,ケジラミは主に陰毛に寄生する。アタマジラミとコロモジラミの成虫は細長く非常に類似しており,区別が難しい。一方,ケジラミの成虫はカニのような形態である。これらのシラミはヒトだけに寄生し,雌雄ともに吸血する。アタマジラミの雌成虫は1カ月ほどで寿命となるが,その間,約100個の卵を産むことができる。
    コロモジラミは発疹チフスなどを媒介するが,アタマジラミやケジラミでは知られていない。アタマジラミは幼児・児童や母親を中心に集団感染し,コロモジラミはホームレスでみられ,ケジラミは性感染症として成人に多い。直接接触によるもの,タオルや櫛などの共用による間接的な感染がある。

    ▶診断のポイント

    シラミの診断は,虫体や卵を確認できれば容易である。

    アタマジラミとコロモジラミの成虫は2~3mm,ケジラミは1~2mmで,これらの卵は1mm以下である。コロモジラミは衣服に寄生するため発見は容易であるが,アタマジラミやケジラミの虫体は,毛髪や陰毛と同じ色調であるため見つけにくい。特にアタマジラミは,卵が多数みられても虫体を確認できないことがある。卵は白色で,独特な光沢があり,一見フケ様であるが,簡単に除去できない。

    いずれのシラミ症もかゆみがあるが,アタマジラミに関しては,寄生後1カ月ほどしてからかゆみが生じる。

    アタマジラミは家庭内や友人間で集団感染していることが多く,一斉に感染の有無を確認し,治療することが望ましい。コロモジラミは,衛生環境の悪い状態で衣服に寄生する。ケジラミは陰毛以外にも,時に腋毛や睫毛に寄生する。ケジラミはセックスパートナーや家族内での感染の有無を確認する。

    ▶私の治療方針・処方の組み立て方

    いずれのシラミも鋭い爪を持ち,毛髪や体毛にしがみつく。卵は毛に膠様物質で固着しているため,洗髪や入浴では除去できない。コロモジラミは衣服を清潔なものに交換すればよい。ケジラミは,寄生部位の体毛を剃毛すれば治る。

    アタマジラミは,わが国で唯一のシラミ症治療薬であるピレスロイド製剤が市販され,家庭で使用されている。近年,ピレスロイド製剤で駆虫できないピレスロイド抵抗性アタマジラミが世界中で広がっており,日本でも地域差があるものの,沖縄県を中心にピレスロイド抵抗性アタマジラミが問題となっている。

    ピレスロイド製剤は,昆虫類の神経細胞の細胞膜の電位依存性Naチャネルに作用し,神経細胞の脱分極を持続させることで殺虫効果を示す。ピレスロイド抵抗性アタマジラミでは,作用点であるNaチャネルαサブユニット遺伝子に3箇所のミスセンス変異が生じており,殺虫できない。2006~2011年に行われた国立感染症研究所の調査では,34都道府県のうち17都道府県で抵抗性遺伝子変異を持つアタマジラミがみつかった。抵抗性率は東京8.6%,兵庫県7.2%と10%未満の地域が多かったが,沖縄県は96%と高率であった1)。今後,日本各地で抵抗性アタマジラミが蔓延する可能性がある。

    残り1,028文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    関連書籍

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    もっと見る

    page top