株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

低カリウム血症[私の治療]

No.4996 (2020年01月25日発行) P.46

林 松彦 (河北総合病院臨床教育・研修部部長)

登録日: 2020-01-26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 血清カリウム(K)濃度3.5mEq/L以下を低K血症と呼ぶ。不整脈,横紋筋融解・麻痺,末梢神経障害などの重篤な症状は,多くの場合2.5mEq/L以下で生じる。ジギタリス内服中,あるいは心不全患者などでは,より高い濃度でも不整脈を生じやすい。

    ▶診断のポイント

    重症例では四肢脱力,麻痺,筋攣縮,不整脈,しびれ感などの症状を認める。軽症例は無症状で,血液検査をした際に偶然発見される。再分布,消化管からの喪失,種々の疾患,利尿薬による尿中喪失によるものが大部分を占め,摂取不足による低K血症は,高齢者などに時にみられる。

    ▶私の治療方針・処方の組み立て方

    不整脈を伴う場合,心不全患者,ジギタリス製剤を内服中の場合は4.0mEq/Lを目標とする1)。それ以外の場合,一般的には正常範囲を目標とする。

    残り682文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    関連物件情報

    もっと見る

    page top