株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

■NEWS ディオバン論文不正事件の控訴審判決は11月19日

No.4926 (2018年09月22日発行) P.21

登録日: 2018-09-14

最終更新日: 2018-09-14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノバルティスファーマ社の降圧薬バルサルタン(商品名:ディオバン)の論文不正で、ノバ社の元社員と同社が薬事法(現・医薬品医療機器法)違反(虚偽広告)の罪に問われた事件の控訴審初公判が12日に東京高等裁判所で開かれ、即日結審した。判決は11月19日。元社員と同社に対して無罪とした東京地裁の判決を不服として、東京地検が控訴していた。

この問題を巡っては、研究不正が明らかとなった論文データを用いたディオバンの広告が薬事法違反の疑いがあるとして、厚生労働省が2014年1月に東京地検に告発状を提出。これを受け東京地検は、虚偽のデータを研究者に提供し論文を投稿・掲載させた行為が、薬事法第66条1項が規制する「医薬品の効能・効果に関する虚偽の記事の記述」に当たるとして元社員とノバ社を起訴した。

昨年3月の判決で東京地裁は、元社員がディオバン群に有利にするために意図的にデータを改竄したとの検察の主張を認めたものの、学術雑誌の論文掲載に購入意欲を喚起する性質があるとはいえず、薬事法が規制する虚偽広告には当たらないと判断し、無罪判決を言い渡した。

12日の控訴審初公判で東京高裁は、検察側、被告人側双方の事実取調請求を却下し、即日結審した。

12日の東京高裁


関連書籍

赤い罠 ディオバン臨床研究不正事件

https://www.jmedj.co.jp/book/search/detail.php?id=740


関連記事 元社員に無罪判決もデータ改竄は認定 ─「裁判所「論文掲載は薬事法で規制する広告には当たらない」」【ディオバン論文不正事件】

https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=6407


米学会誌がNagoya Heart Study論文を撤回

https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=10551


関連記事・論文

もっと見る

関連書籍

関連物件情報

page top